遺産分割をする財産の範囲とは

相続が発生すると被相続人のプラスの財産もマイナスの財産も相続人が
受け継ぐことになります。

相続財産とは被相続人が残した権利や義務の一切、つまり、受け取ったり
使用することができる権利だけではなく、使わせたり支払う義務も相続の
対象となり、すべてを継承することを括継承といいます。

しかしこの包括継承にはいくつかの例外があります。

生命保険金や死亡退職金は、受取人や受給権者が特定のものに指定されて
いる場合はその人固有の財産となります。しかし、相続人間で遺産分割の
対象とするという合意がなされれば,遺産分割の対象とすることができ
ます。

祭祀を営むための財産、例えばお墓や位牌、仏壇などは相続財産とは
ならずに、祖先の祭祀を継承するべき者が引き受けます。

一身専属権も相続の対象とはなりません。一身専属権とは性質上ある
特定人しか持つことができない権利のことです。生活保護の受給権
などが該当します。

このほかにも法律上は相続財産として含めるけれども、相続税の計算
には含めないもの、その逆のものなどもありとてもややこしくなる事
があります。
専門家に相談するのも良い方法ですね。

«
 

トラックバック URL