相続開始前に遺留分を放棄するには

相続人が最低限相続できる財産を遺留分といいます。
これは民法によって定められています。

遺産分割への被相続人の意思は、遺言書がある場合には
それが優先されます。しかし、遺言の内容が相続人以外
の第3者に全財産を渡すというような内容であった場合、
残された家族の生活が困難になる事もあります。
そのために遺留分として最低限保証できる権利を遺留分
といいます。

侵害された遺留分を確保するためには遺留分撲殺請求
という方法があります。

では、その遺留分を相続放棄のように放棄することは
できるのでしょうか。

原則的には放棄することができます。しかし、この放棄を
どんどん認めてしまいますと、周囲の人間が遺留分権利者
に対して遺留分放棄を強要するという事態が頻発する恐れ
があります。そのため、相続開始前の遺留分の放棄は家庭
裁判所の許可を得なければならないとしており、自由には
行なえません。
遺留分放棄はそれだけの理由と本人の意思によるものである
ということが裁判所に確認されなければなりません。
理由とは、例えば生前に既に財産を受け取っており、放棄を
しても各相続人の取得する財産に大きな偏向がないという
事が認められるというような場合です。

«
»
 

トラックバック URL