不動産の名義変更といいますけれど

不動産の名義変更をする、という言い方がありますが実際の登記の世
界では名義を変えるという言い方はあまりしないのです。

名義を変える、という場面はいくつかあります。一番良く聞く例とい
えば、不動産の所有者が亡くなった際に行なう「相続」によるものか
もしれません。そのほかにも「贈与」や「売買」によるもの、遺言な
どで不動産を譲り受ける場合は「遺贈」となりますし、離婚により名
義を変更する場合は「財産分与」、などがあります。

しかし、ただ単に名義を変更したいというだけでは変えることはでき
ません。不動産の登記は実際の権利の変動があって初めて変更をする
ことができるようになるのです。

また、どのような理由で名義の変更を行なうかにより、それにかかる
費用やそろえなければならない必要な書類も変わってきます。
不動産の名義を変える理由や原因も様々ありますから、私たち司法書
士事務所ではお客様の意向に沿って書類を作成し、登記申請を行なっ
ています。

«
»
 

トラックバック URL