遺言の遺贈方法には種類があります

遺言とは被相続人の生前の最後の意志を亡くなる前に形にして残すものです。
遺贈とは、遺言により財産を相続人以外の人や、法人にも無償譲与すること
です。また、遺贈には、包括遺贈と特定遺贈という2つの種類があります。

包括遺贈とは、財産の全部または一部を包括的に与えることをいいます。
遺産の全体に対する配分割合を示してあげるます。
例えば、「全財産の2分の1を○○に遺贈する」というようなことです。
この場合、包括受遺者は実質的に相続人の地位と類似しており同一の権利や
義務を有します。
したがって負の財産も継承することになります。

特定遺贈とは特定の財産を示してあげることです。たとえば、「どこの土地を
○○にあげる」、「この預金を××にあげる」というようなことです。
この場合は財産が特定されているため、包括遺贈と違い、受取人がふの財産を
引き継ぐリスクがないのです。

相続放棄同様に受遺者として指定された者も、遺贈を放棄することができます。
包括遺贈の場合は原則、遺贈があったことを知った日から3ヶ月以内に家庭
裁判所に放棄の申述をします。
特定遺贈は期限について法律の定めがないのでいつでも放棄することができます。

 

«
»
 

トラックバック URL