遺産分割の協議がまとまらないときには

相続人には、それぞれの事情や考えがあります。
相続人全員が合意に至らず、遺産分割協議がまとまらない場合の手続きには「調停」による方法と「審判」

による方法の2通りがあります。
■遺産分割の申立て

調停

調停は、家庭裁判所の調停委員が、法律に基づき相続人間の意見調整を行いますが、
最終的には相続人全員の合意が得られないと遺産分割の方法が決められません。
全員の合意が得られない時には、調停は不成立となってしまいます。

審判
調停によっても合意ができない場合、この審判を行うことになります。
審判では、裁判官が遺産の種類や状況、相続人の職業、年齢、その他全ての事情を考慮した遺産分割の方法が決定します。
この審判は強制力があり、たとえ相続人のうち一人が納得できなかったとしても、従わなければなりません。
いずれの方法も時間と費用がかかり、大変な労力を要します。遺産分割協議によってもめる事がないように
適切な「生前対策」をするのがよいのかもしれませんね。

»
 

トラックバック URL