カテゴリー: 相続の各種の手続きについて

遺産分割をする財産の範囲とは

相続財産のすべてが遺産分割の対象となるわけではなく、一部には例外があります。

相続が発生すると被相続人のプラスの財産もマイナスの財産も相続人が
受け継ぐことになります。
“遺産分割をする財産の範囲とは” の詳細は »

相続開始前に遺留分を放棄するには

遺留分は放棄をすることができますが、相続開始の前か後かで手続きが大きく異なります。

相続人が最低限相続できる財産を遺留分といいます。
これは民法によって定められています。
“相続開始前に遺留分を放棄するには” の詳細は »

不動産の名義変更といいますけれど

ひとことで名義変更といっても様々な理由があり、手続きの内容が変わります。

不動産の名義変更をする、という言い方がありますが実際の登記の世
界では名義を変えるという言い方はあまりしないのです。
“不動産の名義変更といいますけれど” の詳細は »

遺言の遺贈方法には種類があります

遺言書による遺贈の方法には包括遺贈と、特定遺贈の2つがあります。

遺言とは被相続人の生前の最後の意志を亡くなる前に形にして残すものです。
遺贈とは、遺言により財産を相続人以外の人や、法人にも無償譲与すること
です。また、遺贈には、包括遺贈と特定遺贈という2つの種類があります。

“遺言の遺贈方法には種類があります” の詳細は »

相続関係説明図の作成をお勧めします

相続関係者が明確になりますので、相続関係説明図の作成をおすすめします

「相続関係説明図」とは、相続関係を図示した
簡単な家系図のようなものと考えてよいでしょう。

“相続関係説明図の作成をお勧めします” の詳細は »

遺産分割の協議がまとまらないときには

遺産分割協議がまとまらない場合の手続きには「調停」による方法と「審判」による方法の2通りがあります。

相続人には、それぞれの事情や考えがあります。
相続人全員が合意に至らず、遺産分割協議がまとまらない場合の手続きには「調停」による方法と「審判」


“遺産分割の協議がまとまらないときには” の詳細は »