アーカイブ: 2010年2月

会社設立で法人化、個人と税金の違いは?

個人事業主から会社設立で法人化することによって税金の申告は変わります。

個人事業税は法人事業税が原則としてすべての収益事業に対し、
課税が行われるのと比べ、物品販売業、飲食業、コンサル業、
美容業などの地方税法に基づいた業種のみが課税になります。

業種により個人事業税は一部の業種のみが課税になりますから、
記載された業種以外の場合は、会社を設立すると、
税金を免除されることになってしまいます。
“会社設立で法人化、個人と税金の違いは?” の詳細は »

会社設立をすると、住民税も得するかもしれません

会社設立であらゆる税金の額を減らそう!

地方税も住民税(都道府県民税・市区町村民税)も所得に大きく関係しますが、課税される取得が低ければ、所得税も住民税も納める税金の額は少なくなりますので節税することができます。

ここで、事業所得3,000万円の場合、個人事業主と法人では、どのくらいの税金の差があるのかをみてみましょう。

個人事業主

法人

利益
“会社設立をすると、住民税も得するかもしれません” の詳細は »

会社設立の流れをつかむんで利益を上げる

株式会社の設立をするまえに流れを知ろう!それが自分の会社を違法から守るすべでもある

法人を作るには様々な書類や手続きがあります。
そのうちの資本金について、これから作ろうとしている方には朗報です。
従来、法人お作る登記に必要であった書類で不要になったものがあります。
「払込金保管証明書」というもので、これは法人を作る際、
株式の払込金額を入金したのち、金融機関から会社設立後にその資金が使えることの証明書のことですが、

こちらに関しても不要になったということをお伝えしておこうと思います。
“会社設立の流れをつかむんで利益を上げる” の詳細は »